社長メッセージ

代表取締役社長 木村 正綱

地域社会で信頼され必要とされる企業目指して

昭和21年、戦後焼け野原になってしまった広島。
その復興にはまず生活の基盤となる「家」が必要でした。
建材金物、大工道具など家を建てるために必要な資材道具の取り扱いから私たちはスタートしました。

荒廃した街を再生し、高度経済成長を経て100万都市へと続く広島の大きな発展に、私たちは住宅関連資材専門の総合卸商社として貢献してきました。

住宅は社会やライフスタイルの変化に寄りそうように進化します。
現代における少子高齢化や都心回帰など社会状況のめまぐるしい移り変わりの中で、住宅関連業界に要求されるものは刻一刻と変化していきます。

私たちは広島で歴史ある企業として長く信頼されてきました。
その伝統と技術力を活かし、世の潮流を見極め絶えず新しいことに挑戦し、これまで以上に地域社会に必要とされる存在を目指しこれからも前進を続けます。

代表取締役社長 木村 正綱

page top